Arduinoの基礎知識

Arduinoに関しては、多くの書籍があるので詳しいことはそこに任せて、ここでは3Dプリンターで使われているシールド(RAMPS1.4)とスケッチ(Marlin)を例にとって説明します。

端子の設定

マイコンの端子はいろいろな設定ができるようになっています。ハードウエア(ここではシールドのこと)が決まるとその設定をスケッチで行う必要があります。
Marlinではほとんどの設定を Configuration.h で行いますが、実際の端子の設定は pins.h で行っています。
回路図と対比してみると理解が進みます。

端子の設定は簡易的に以下に分類できます

  1. 入力
  2. 出力
  3. その他

入力

外部の信号を取り込む機能です

以下製作中