機械設計

構造について

3次元の動作を行う方法は数多くありますが、まずは基本的なX軸・Y軸・Z軸で構成することにしました。
こんな感じになります。
画像の説明

構造的な特徴は、アルミフレームを使っていることと軸をモジュール化していることです。
モジュール化というのは機能の塊を作ることです。
大きなモジュールは
1.X軸
2.Z軸+Y軸
です。
アルミフレームをベースとして、そこに必要な機能が取り付けられています。
アルミフレームを使うことのメリットは、寸法変更が容易なことです。
少し大きなサイズを作りたいときは、LMガイドの長さを延ばせばいいですし、さらに大きくしたければアルミフレームを長くすることで対応できます。

このようにしたのは個人的な理由があります。
お金をかけたくなかったので、在庫している部品を使ったためです。
アルミフレームとLMガイドは在庫品です。
はじめから作るときは、寸法を見直すのが良いでしょう。